HomeTown, パリ、テル・アヴィヴ、リスボンの短期型専用レンタルアパート - フランス, パリ, テルアビブ, リスボン


レンタルアパート専門のHomeTownがヨーロッパの様々な都市の賃貸アパートを提供いたします。パリ、テル・アヴィヴ、リスボンで落ち着いた雰囲気のアパートを見つけてください。

Residence Zermatt 15

フランス, Savoie


Residence Zermatt 15

""

From 70665 - 238561 € per week

フランス, Savoie
Chalet Zermatt 08

フランス, Savoie


Chalet Zermatt 08

""

From 27859 - 94157 € per week

フランス, Savoie
Chalet Verbier 07

フランス, Savoie


Chalet Verbier 07

""

From 132813 - 275175 € per week

フランス, Savoie
Chalet Verbier 35

フランス, Savoie


Chalet Verbier 35

""

From 24752 - 50539 € per week

フランス, Savoie
Chalet Verbier 08

フランス, Savoie


Chalet Verbier 08

""

From 59621 - 127879 € per week

フランス, Savoie
Chalet Verbier 20

フランス, Savoie


Chalet Verbier 20

""

From 27447 - 110704 € per week

フランス, Savoie
Chalet St Anton 02

フランス, Savoie


Chalet St Anton 02

""

From 40 050 - 67750 € per week

フランス, Savoie
Chalet Verbier 01

フランス, Savoie


Chalet Verbier 01

""

フランス, Savoie
Chalet Val d'Isère 07

フランス, Savoie


Chalet Val d'Isère 07

""

From 47390 - 104120 € per week

フランス, Savoie
Chalet Méribel 11

フランス, Savoie


Chalet Méribel 11

""

From 44860 - 88600 € per week

フランス, Savoie

最新ニュース


HomeTown blog offers you a selection of articles devoted to the best destinations, their news, culture, activities and of course, its people living in those destinations

ライフスタイル

今年の秋/冬にパリですること

10 日前 - Léa D.

L'Oursin - ギャラリー・ラファイエットの新しいレストラン 9区のオスマン大通りにある有名な百貨店ブランド、ギャラリー・ラファイエットのことは誰でも知っていますよね。世界最大のクリエーターの名が並ぶ通路を通ると、きっとゾクゾクするでしょう。2019年3月29日(木) 、ギャラリー・ラファイエットはシャンゼリゼ大通りにもオープンします。 お買い物好きな人にも食べることが好きな人にも、とっておきの場所です:4階建て、明るく入念に装飾されています。 同じギャラリー内にあるCafé Citronの後に、クリエーターのサイモン・ポート・ジャックムスとキャビア・キャスピアが新しいレストランをオープン: L’Oursin。シェフのErica Archaumbault が創り出す最高のシーフード料理が魅力のすばらしいメニューを揃えています。 2階にはOursin (魚介類の意)レストランは自然の成り行きで名づけられています。この魅力的な場所に一歩足を踏み入れたら、海岸にいるような気分になります。 素敵な白い家が立ち並ぶ地中海海岸をイメージした形とデザイン。 ライムウォッシュの壁は、小さなニッチから彫刻が施されています。サイモン・ポート・ジャックムスのハンドクラフト、登りつる植物、南部を思い出させるきれいに並べられたプレートが、ディスプレイされています:首都の中心の食事に素敵な逃避場所! ウニのタラマや繊細なロブスターサラダ、リコッタとバジルのマリネズッキーニに、おいしい新鮮なグリル野菜付きのオヒョウ。どれを選ぶか迷う所です… L’Oursin 60 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris +33183656102 待ち遠しいサマリテーヌの再オープン 知らない人のために。サマリテーヌはパリ最初の百貨店。エルネスト・コニャックの名作で、1870年にオープンしました。2005年に改装のために閉鎖されましたが、このフランス流マナーの貴重な宝は2020年初旬に再オープンします。 リヴォリ通りとセーヌ川の間にあり、パリ中心を訪問するのに理想的な場所にあります。最高のレストランやショップを楽しむことができます。 美しい25メートルの波形のガラスの正面のこのLVMHグループの建物には間違いなく驚くでしょう… 首都の本物のエンブレム、百貨店の古風な魅力が保持されています:大きなガラスの屋根、巨大な階段、2つの中庭、美しい小壁… 実際に、元の建物は、保護される歴史的な建物の証である「フランス歴史記念物」に登録されてきました。元のルーヴル・ランスに日本の建築会社Sanaa設計したこのプロジェクトは、贅沢さに歴史的伝統を組み合わせた驚きの融合で構成されています。 ファッション、食料品、宝石、美容、暮らし:このすばらしい場所には、ハッピーになれるものが全部揃っています!すばらしいレストラン、高級ホテル、その他の大建築も首都の中心で皆様を迎えます。ルーヴルからすぐの場所にあります。 ショーメの「Autrement」展示会 1780年パリ創立のメゾン・ショーメは、皇后ジョゼフィーヌ御用達のジュエラーとなり、あっという間にその歴史をフランスに刻みました。ヴァンドーム広場の中心にあるジュエラーで、時計製造の作品はすばらしい技術を反映し、パリジャンの好みを完璧に表しています。 パリは愛、美食、ファッションの街ですが、芸術の街でもあります。多数の展示会や美術館が、この美しい首都の最高の芸術家にスポットを当てています。2019年10月1日~11月2日に、165 boulevard Saint-Germainにあるメゾン・ショーメの「Autrement 」展示会を訪問しましょう。 宝石を展示することを目的としたメゾン・ショーメは、ジュリア・ヘッタの写真撮影のお陰で新たな方法で宝石を紹介しています。ここから予約をして、45分間の訪問を楽しみましょう。 パリジャン・パサージュを楽しく散策 建物の間にあるギャラリー溢れるパリのパサージュ。ここのギャラリーは美しいガラスの屋根に覆われ、特殊で独自の照明効果を与えています。 セーヌ川右岸にあるパサージュで、主にグラン・ブールヴァール付近にあります。 大体パリジャン、こういったパサージュは、パリジャンスタイルと建築できれいに装備・装飾されています。ガラス、モールディング、ギルディングの装飾がステキ。あらゆる類の多数のショップが見つかり、時の流れを超えたアンティークストアも揃っています。しっかりと見てみると、お宝が見つかるかも知れませんよ! ショップをいくつかご紹介します: Passage des Deux-Pavillons - 6 rue de Beaujolais, 5 rue des Petits-Champs Passage du Grand-Cerf - 10 rue Saint-Marc, 11 boulevard Montmartre Vivienne Gallery - 4 rue des Petits-Champs, 6 rue Vivienne

さらに読む
今年の秋/冬にパリですること

今年の秋/冬にパリですること

ライフスタイル

セットとその周辺

6 月前 - Léa D.

逆にすると「 Sète(セット)」は フランス語で「夏」。 リトル・フレンチ・ベニスとして知られていて、私達が大好きな…港、運河、壮大な海のシアター。美しい地中海を見渡せます。 ポール・ヴァレリーとジョルジュ・ブラッサンスが生まれた街では、詩的な調子でこのストーリーを始めずにはいられません。 異色な島とか、その運河から「ラングドックのベニス」などと呼ばれるセットは、塩水の礁湖と砂浜に面したオクシタニー地域圏にあるかわいらしい町。漁港でさまざまな海のアクティビティがあり、この街は何世紀にも渡って繁栄してきました。 変化する風に運ばれ、地中海は移り気な海:船乗りは深海で新たなシェルターが必要でした。それが後にセット港誕生につながりました。 サン=ルイ防波堤の最初の位置がある所が外海へのアクセスのマークでした。 何もない所から誕生したセットは、さまざまな地中海の影響を受けたコスモポリタンシティです。北欧に輸出されたワインと樽のおかげで、街の評判は瞬く間に広まりました。 セットはラングドック=ルシヨン地域圏にあり、ワイン生産で知られています。奥地のブドウ園を発見し、日光をタップリと浴びて育ったラングドックワインを味わってセットでの滞在を楽しみましょう。さらにブドウ園の歴史を学ぶと、幅広いワインを楽しむことができるでしょう:辛口のフレッシュな白ワイン、フルーティなロゼワイン、濃厚な赤ワイン、スパイリーで本物の味わいの無上の喜び。 セットは、当社が所有するアパートメントのひとつから見ることができる運河でベニスに似ていますが、年中贅沢なビーチと美しいサンセットを提供するという長所があります。コーニッシュやラザレのビーチはとても素敵な砂浜のビーチで、複数の砂の入り江で作られています。 セットではウォーターアクティビティを逃さないようにしましょう!スキューバダイビング、セーリング、シーカヤック、ウィンドサーフィン、カイトサーフィン、ジェットスキー…お好みのアクティビティを当社までお知らせください。ご予約いたします。 セットの塩水は桁外れな美しさです。塩の大地とピンク色の海を発見して、すばらしい旅にしましょう。列車、自転車、徒歩、どの方法でも見つけることができますが、ガイド付きの4x4もお勧めです。お好みの移動手段を選んで、他では見ることができないような全景を楽しみましょう。ロマンチックで息を呑むような乗馬もご利用いただけます。 街周辺で セットからさほど遠くない所にカマルグがあります。地中海の端にあるフランスの自然地域。ここには驚きの「生きている遺産」があります:フラミンゴやあらゆる種類の鳥を見ることができます。セットから数分のマルセイランの街はカマルグ馬で知られています。この自然なセッティングの中、陸と海の間を乗馬する機会を利用しましょう。   フランス南部に位置するセットは、絶対に訪問したい街にラインアップされています。逃せないアクティビティを選んでみました。 モンペリエ セットから30分ほどの所にあるのがかわいらしいモンペリエの街。ダイナミックで晴れ渡ったこの素敵な街ではすることが山ほどあります。展示会、文化の訪問、中世の街の散策、フレッシュな白ワインを楽しむ:夜の準備をしてあなたを待ち構えています。街には多数のバーやナイトクラブがあります。 私達のお薦め: ➢ The jardin des plantes ➢ St. Peter's Cathedral ➢ Idée Saveurs レストラン(フランス料理): 5 rue Four des Flammes +33 4 67 29 88 62 アクセス方法 ➢ TERを利用して、Sète駅からMontpellier Saint-Roch駅まで:20分 ➢  D612経由、車で: 40分 キャプダグド クルーズ、ワイン畑、多彩な経験:キャプダグドは驚きに溢れています。セットからわずか30分。美しいビーチを見つける、アクアパークを楽しむ、近郊の小さ村々を訪問するのにピッタリの場所。お祝いの特権がある場所でもあります:多数のナイトクラブや開催されるパーティが観光客を引きつけます。夜明けまで踊りましょう! 私達のお薦め: ➢ Ephèbe博物館: La Clape roundabout +33 4 67 94 69 60 ➢ 水族館: 11 rue des 2 frères, +33 4 67 26 14 21 ➢ Fuzion レストラン (地中海料理): 162 route de Rochelongue +33 4 67 21 03 81 アクセス方法 ➢ TERを利用して、Sète駅から Agde駅: 40分 ➢ D2経由、車で: 30分 エーグモルト セットから45分ほどの所にあるかわいい町。ゴシック建築の中で、エーグモルトの防備がすばらしく維持されたアンサンブルを作り上げています。城壁から、地下牢のテラスから、カマルグ、そして青から紫に色が変わる塩水の息を呑むような景色を堪能することができます。 私達のお薦め: ➢ 観光案内所でカマルグクルーズを予約しましょう: +33 4 66 53 73 00 ➢ Petit Rhône予約を訪問: D202 St gilles road 30600 Sylvereal +33 6 81 95 83 46 ➢ レストランLe Patio'Né(地中海料理): 16 rue Sadi Carnot +33 9 82 31 51 73 アクセス方法 ➢ インターシティトレイン+ TERを利用して、 Sète駅からAigues Mortes駅: 2時間 ➢ D612とD62経由、車で: 50分 ミルヴァル モンペリエとセットの間にある、この魅力的な街とその経済活動は、ブドウ園文化がメインになっています。1959年以来、AOCとしてマスカットワインの生産で知られています。発見すること: すばらしい風景、緑樹、晴れ渡った日々。 私達のお薦め: ➢ Rabelais ワイナリー: Avenue de Verdun +33 4 67 78 15 79 アクセス方法 ➢ インターシティトレイン+ TER を利用して、Sète駅から Vic - Mireval: 50分 ➢ D612経由、車で: 18分 カシのカランク 地中海沿岸にあるパラダイスの場所。ターコイズの海、小さなくつろげる入り江、雄大な絶壁:くつろぐのにピッタリの場所。 私達のお薦め: ➢ La Plage Bleue レストラン(地中海料理): Port Miou district +33 4 42 01 15 40 ➢ レストランL'Atelier Gastronomique (フランス料理): 24 rue de l'Arène +33 4 42 71 84 72 アクセス方法 ➢ A9経由、車で: 2時間15分 セットの街には市内バスと近郊地の完全網があります。近くの観光案内所に立ち寄って、さまざまなラインのスケジュール、ルート、マップを手に入れましょう。 Sète観光案内所: 60 rue Mario Roustan +33 4 99 04 71 71 あなたの休日、当社のプライオリティ 水に足を入れると、フランスの冒険がまさに始まります。 新しい冒険をお楽しみいただくために、Hometown Experienceはフランスの最高の目的地を選択し、皆様のために必要となるさまざまなサービスを導入しています。 時間や場所に関係なく、Hometown Experienceチームが皆様のご旅行にどんな時でもお手伝いいたします。 最高の方法でフランスを楽しみましょう。 ご質問がございましたらexperience@apartments-services.comにご連絡ください。

さらに読む
セットとその周辺

セットとその周辺

カルチャー & アート

首都中心の日本の文化

7 月前 - Léa D.

19世紀、日出ずる国が世界に開放されました。その後、フランスと日本は密に文化的につながり、相互の魅力を開花させてきたと言えるでしょう。世界の反対側にあるこの国に対する日本の称賛は日本の洗練さのお陰で誕生しました:映画、料理、芸術。すべて日本が卓越しているものです。 日本文化に感化された欧州芸術をジャポニスムと言いますが、フランス人がこの美しい国に関して情熱を持っているならば、日本人は無視されません。アラン・デュカスなどのフランス人シェフや映画は、すべて日本の範囲にあります。 しかし今日のトピックに戻ると、日本の文化はパリジャンの日々の生活にすっと入って来ることになったようです… 日本の芸術、視覚的な楽しみ 日本の創作性は多数の展示会、映画、ショー、カンファレンス、ワークショップを通じてパリのスポットライトにあります…誰にでも何かがあるのです。ノウハウや物に対する精通さのほか、伝統的な芸術は日本文化の中核にあります:日本人にとって、芸術は美、エレガンス、平静、禅の精神を意味します。 パリのLa Maison de la culture du Japan は複数のイベントにハイライトを当てていて、多様で洗練された文化に没頭することができます:人気絵画の展示会、東洋から西洋に渡るカンファレンス、ショーや菅野潤のピアノなどのさまざまな楽器コンサート。指圧クラスなどの多数のワークショップを利用することができます。 The Guimet Museumは19世紀からアジア芸術に専心していて、日本に捧げられた多数のコレクションや展示会があります:何十年もの間、日本芸術の多様なパネルを提供しています。展示会は期間限定です:前述の博物館のウェブサイトに進んで、「展示会」タブをクリックするだけです。お子様向けのヨガクラスのほか、物語を語るワークショップが学校の休暇の間に時々催されます:お子様に日本文化の美しさを紹介するとても楽しい方法です! 料理の秘密 パリにある日本料理レストランの数を不思議に思う必要はありません…無数にあります!首都の通りをすでに散策している、すぐにそうする計画があるなら、この事実を確認することができます。 パリの日本の味を味わうためには、サンタン通りに向かいましょう。お寿司、とても有名なラーメン(このおいしい1杯のどんぶりを味わうために時に1時間待つことも)など日本食レストランが山ほどあります。多数のレストランが集まっている長所がありますが、首都のどこにでも隠された小さな宝物がありますよ… こちらは、私達が選んだパリにあるベストアドレス: ラーメン・ボウル 絶対的なファンでもただのファンであっても、おいしいラーメンを楽しむ究極の場所をあなたのために見つけました。洗練された温かい装飾、軽木材の家具、明るいバー。ラーメン・ボウルは現代の日本の屋台。オープンキッチンから、日本人シェフやチームがこの有名なスープのレシピを準備する所を見ようと好奇心がそそられます。 44 rue de Ponthieu Such. : 09 81 27 77 16 札幌 サンタン通りにあるこの日本食レストランはいつでも混んでいます。ここの名物はラーメン。それで、この人気の親しみやすい雰囲気があって、だしから作られたこの伝統的なとても有名な料理、「ヌードルスープ」を楽しむためだけにあらゆる所から人々がやって来ます。料理は12~15ユーロのお手頃な価格で本物のごちそう。 37 rue Sainte-Anne やすべえ 言われる所によると、ランチタイムに日本人がいる日本食レストランは、良い日本の場所だそうです!これは、伝統的な料理のレストランやすべえのこと。非常に禅の雰囲気がある装飾で、落ち着いて洗練されています。お気に入りの料理は、ほかならぬ有名な弁当。中で食べる本物のタップリ入った日本のピクニックランチです。 9 rue Sainte-Anne The 3 chocolates 甘い物が欲しい人全員のために、マレーに西洋とアジアの味わいを融合したショップがあります: The 3 chocolates。あらゆる種類のチョコレートやフルーツスイーツがあって、最高の技巧で作られています。 45 rue Saint-Paul アキ・ブーランジェ 甘い物の締めくくりなら、日本伝統芸術の中で最高のフランスのクラシックを立ち返らせたこのベーカリー。商品の品質はオリジナルで厳密です。 16 rue Saint-Anne 漫画、避けられないもの 漫画は日本のコミック。漫画という言葉は、拡大して、人気の日本の作品のコードを尊重する日本のコミックでない続き漫画を呼ぶために時に使用されます。フランス語に翻訳された漫画は普通、オリジナルのままで読まれます。つまり右から左です。 フランスは日本について世界第2の漫画消費国:漫画が大好きです。パリではハッピーを見つけるでしょう。我々の一番目のお薦めは:manga coffee(漫画喫茶)。日本のコンセプトで、大きな漫画図書館を利用できるようにしたストレスフリーの、くつろぐ場所です。読書やビデオゲームをして楽しむこともできます。テーマのある夜やその他のアニメーション、イベントが時間通りにカフェの生活に活気を与えます。 2019年には第27回Paris Mangaが開催されます。このイベントは漫画とSFの点から紹介するものです。に音のアニメ、映画スター、TVシリーズ、コスプレ、ショーケース、ビデオゲームが集まった場所:世界中からゲストがやって来て、デモや手ほどき、クイズやカンファレンス、アニメやショップのスタンドが2,000。日本や米国から直接最新トレンドを見つけることができます.... Paris Japan Expo: パリから30分の所にあるこのイベントは日本と日本文化を好きな人には必須。漫画から武術、ビデオゲームから日本の民間伝承、Jミュージックから伝統的な音楽…伝統と斬新さの融合を発見して楽しむ場所です。

さらに読む
首都中心の日本の文化

首都中心の日本の文化

カルチャー & アート

アルファマ、リスボン最古の地区

9 月前 - Léa D.

驚きに溢れるストーリー アルファマはアラビア語の「alfa maa」が由来であることをご存知でしたか?意味は千のソース?何千色の色があるこの我らの街の象徴的で一般的な界隈の魅力的な名前!サン・ジョルジェ城とタホ川の間にあり、多数の歴史的な魅力とレストランを見つけることができます…それではガイドしますね。 アルファマは村の雰囲気があるとても友好的な界隈です。街最古の地区であると考えられていて、6月12-13日のSt. Anthony of Paduaなどの複数の人気のフェスティバルが毎年開催されます。 東洋と西洋に交互に支配されていたアルファマには、世界の隅々の痕跡があります: それがアルファマの魅力です。この地区には温泉源があるので名前の起源は上記で説明した通りです。 アルファマの最上位に有名なサン・ジョルジェ城があります。中世の城は16世紀まで王宮でした。街やモニュメントを見るためには、 展望台に行かなければなりません: サンタ・ルジアは最も知られている展望台のひとつです。その近くには装飾美術博物館があります。17世紀の荘園領主の邸宅で、壮大なインテリアが備えられています。 アズララ宮廷の旧宮殿(17世紀)にあるこの博物館は、アズレージョやフレスコで装飾され、並ぶ小さな居心地の良い部屋を通じて、17-18世紀のリスボンの日々の生活を呼び起こします。後の方にはポルトガルとインド=ポルトガルの家具、銀器のコレクション、中国磁器、16-18世紀の複数のタペストリーで装飾されています。3階には期間限定の展示会ホールと歓迎のパティオ付きのカフェテリアがあります。 住所: Largo das Portas do Sol 2, 1100 Lisboa 電話番号: +351 218 881 991 最高の食事処 長く歩いた後には、配慮されて準備された食事に勝るものはありません! Pateo 13 リスボンの賑やかな通りにある絵のような夕食には、Pateo 13に勝る場所はありません:ストリートミュージシャンが演奏する楽譜の下で、新鮮な魚とホワイトブレッドを楽しみましょう。生き生きとした瞬間、楽しさと満足感いっぱいです! Calçadinha de Santo Estêvão 13, 1100-219 Lisboa, Portugal Canto Da Vila リスボンのブラジル料理レストラン: 逃すことのできない場所。小さなテラスで作り立てのモヒートを楽しみつつ、お好きなタラの調理法を選びましょう…ボリュームタップリでおいしい! Portugal 2, Rua Limoeiro, 1100-538 Lisboa, Portugal Fado Na Morgadinha 食べて、伝統的なポルトガル音楽のファドを踊るのにピッタリの場所。バーからダンサーを眺めて、一杯飲むだけでも大丈夫です。 Largo Peneireiro 5, 1100-219 Lisboa, Portugal Cruzes Credo ビンテージのブランチ。ぜひ行きましょう!おいしいハンバーガー、新鮮なフルーツジュースと一緒に出されるサラダ: リスボンの通りを発見した後に活力を与えられる食事です。 R, Cruzes da Se 29, 1100-192 Lisboa, Portugal O Prego 陽気な設定でハンバーガーやタパスを楽しめる場所。我が家のような雰囲気、やって来てのんびりしましょう、O Prego! 18, Largo Menino de Deus 14, 1100-375 Lisboa, Portugal 見るべきもの:ファド ファドは伝統的なポルトガル音楽のスタイル。歌手がひとりで、またはひとりの歌手が数名の楽器演奏者(ギター、ポルトガルギター、時にバイオリンやチェロ)を伴って歌います。ファドは沈黙の中で聴かれ、多くの感情を提唱します(ポルトガル語のサウダージ)。 アルファマ地区にはファドを見つけられる場所が2か所あります: Fado em Siはファドのすべての有名人を生み出した機関。すばらしい食事、4-5名のプロのファドの歌手が揃っていて、毎晩高品質のサービスを提供します: ファドのポルトガルの伝統を発見するのに理想的な場所です。 Arco de Jesus 7, Alfama, 1100-037 Museu do Fado (ファド博物館)では、テラスで屋外コンサートが定期的に開催されます。ファドの歴史のすべてを見つけるために... Largo do Chafariz of Dentro 1

さらに読む
アルファマ、リスボン最古の地区

アルファマ、リスボン最古の地区

ニュース

リスボンのホリデー

11 月前 - Léa D.

伝統が融合した美食 ポルトガルでは「メリークリスマス」を”Feliz Natal" (フェリッツ・ナタウ)、クリスマスイブには"Consoada"と言います。 ポルトガルのクリスマスの食事は、1001種類の料理が並ぶようなとてつもないボリュームの料理ではありません:シンプルな夕食。家族がテーブルを囲んで伝統に浸っておいしい料理を楽しむ機会です。 言い伝えでは、人気のポルトガルのタラの調理法は1年毎日のレシピとして365通りあるそうです。クリスマスの日には、できるだけシンプルな方法で料理をします:バカリャウ・コジード。ジャガイモとキャベツと一緒に煮込みます。食後には特別に場所が必要。たくさんのデザートを置いておかなければなりません。ミッドナイト・マス(クリスマスの始まり)、言い換えれば「ミサ・ド・ガロ」、雄鶏のミサです。これは大事な宗教の伝統。ミサの再来は、デザートを味わって、プレゼントを開けるという感じ。子供にとって最大の楽しみです。 デザートリストは長くて、バラエティに富んでいます:一番有名なのはもちろん「ボーロ・レイ」。王冠の形をしたケーキの王様で、砂糖漬けのドライフルーツが入っています。普通は、プレゼントが配られてから、3人の賢者が赤ちゃんのイエスを訪問した象徴の1月6日まで出されるペストリーです。ライスプディング、フレンチトースト、パン生地、ブランデー、オレンジで作られたドーナッツのフィリョースもあります。パォンデローは卵を使ってオレンジやレモンで風味をつけたお菓子ですが、これもおいしいお菓子です。 クリスマス中のクリスマスの伝統は、家族がお互いに繁栄の象徴であるクローブをつけたオレンジをあげることです。他のヨーロッパの国々とは異なり、クリスマスのかごを好むポルトガルの家庭ではクリスマツリーはあまり見かけません。 最も多様なセレクション リール、ミュンヘン、アムステルダムなど多数の街に続き、リスボンはクリスマスを楽しむヨーロッパの街のベスト10に名を連ねています。レトロ、アンティーク、家族のショッピングには贅沢なブランドや知られているブランドが全部揃っています。誰もの好みに合うように、色々なテーマのさまざまなマーケットを選択してみました。 伝統的なクリスマスマーケット(Avenida da Igreja) 12月7日~16日には、このファミリーマーケットはカラフルでお祭り気分の雰囲気の中に迎え入れます。工芸品、おいしい料理、アニメーションのほか、サンタクロースもいます。温かい雰囲気の中で素敵な思い出を見つけて楽しい時間を過ごすのにピッタリです。 クラフト & デザイン (Jardim da Estrela) リスボンで最も美しい庭園のひとつ、エストレーラ公園にあるこのマーケットには陶芸、写真撮影、イラスト、宝石、ファッションなどのクリエーターや職人が揃っています。毎月第一週目の週末に開催されます。 カンポ・ペケーノ・クリスマスマーケット (カンポ・ペケーノ駅) カンポ・ポケーノの大きなアリーナには100以上の出店者がいて、ポルトガル限定のさまざまな製品を並べています。このマーケットで購入すると、小さな事業を行っている職人や国のクリエーターのサポートの手助けをすることになり、同時にあなたも楽しめます! タイムアウト・マーケット (リベイラ市場) リスボンで必須の場所。小さなお店が30店舗並んでいて、食事もできる屋根つきのマーケット。地元の特産品を買って、飲食を楽しむことができます。アイスクリームショップ、ペストリーシェフ、カクテルバー…選択肢は尽きません。 クリスマス中に輝くリスボン リスボンのクリスマスは、照明と色が溢れる冒険。街全体が美しいイルミネーションで飾られます。特にバイシャ地区は素敵です。 イルミネーションは12月1日~18日まで開催されます。有名なトレード・スクエアでは毎年、86,000以上の赤い電球で飾られた約30メートルのツリーがあなたを迎え入れます。 ワンダーランド・リスボア は逃せないイベント。エドワード7世公園がアクティビティを備えた魔法の世界に変わります:巨大観覧車、スケートリンク、手作り販売のカウンター… 楽しさ、ショッピング、くつろぎの場所です。 リスボンの街では、教会やその他の礼拝所で無料のコンサートのほか歌やショーも多数開催されます。 12月1日~1月6日には、屋内最大の移動遊園地Diverlandia,に行きましょう。Nations Parkで開催されます。プログラムには、さまざまな年齢向けのアトラクション、息を呑むようなアトラクションに乗りましょう! 同じカテゴリーでは、リスボンスタジアムの壮大なクリスマスサーカス、Circo no Coliseuを逃さないようにしましょう。 12月1日~16日に開催されます! スタイリッシュに決めるには、子供達をすばらしいアイスミュージカルショーに連れて行きましょう。Alice o Pais Maravilhas no gelo (アリス・イン・ワンダーランド・オン・アイス)。上演は2018年11月23日~2019年1月6日です。

さらに読む
リスボンのホリデー

リスボンのホリデー