HomeTown, パリ、テル・アヴィヴ、リスボンの短期型専用レンタルアパート - フランス, パリ, テルアビブ, リスボン


レンタルアパート専門のHomeTownがヨーロッパの様々な都市の賃貸アパートを提供いたします。パリ、テル・アヴィヴ、リスボンで落ち着いた雰囲気のアパートを見つけてください。

Chalet de luxe à Megève

フランス, Haute-Savoie


Chalet de luxe à Megève

"豪華で温かいこの驚きのシャレーでは、山の中心ですばらしい休暇を過ごすことができました"

フランス, Haute-Savoie
Chalet Ménor

フランス, Savoie


Chalet Ménor

"温かい、伝統的なシャレーの「仲間全員」一緒に、山の思い出に残るバケーション。"

フランス, Savoie
Saint Nicolas des Champs

パリ, 3e


Saint Nicolas des Champs

"驚きの眺め - 完璧な場所にあるすばらしいアパートメント"

パリ, 3e
Saint Thomas d'Aquin

パリ, 7e


Saint Thomas d'Aquin

"左岸の桁外れの近郊にある抜群のアパートメント"

パリ, 7e
Castelo de São Jorge

リスボン, Castelo


Castelo de São Jorge

"リスボンのテラスがあるこの名声あるアパートメントの驚きの眺め!すっごくお勧め!"

リスボン, Castelo
Notre Dame des Blancs Manteaux

パリ, 3e


Notre Dame des Blancs Manteaux

"広々としてほっこりとしたこのアパートメントは、パリ滞在にピッタリ"

パリ, 3e
Jardin des Plantes

パリ, 5e


Jardin des Plantes

"スペースは驚き。とても独特でグループにピッタリ"

パリ, 5e
Jardin des Rosiers

パリ, 4e


Jardin des Rosiers

"素晴らしいロケーション。外に出るとすぐにたくさんレストランとショップがある"

パリ, 4e
Avenida da Liberdade

リスボン, Avenida da Liberdade


Avenida da Liberdade

"リスボンのこの驚くほど贅沢なアパートメントですばらしい週末を過ごせました!"

リスボン, Avenida da Liberdade
Jardim da Cerca da Graça

リスボン, Castelo


Jardim da Cerca da Graça

"このアパートメントとパティオはリスボンでの滞在を桁外れのものにしてくれた"

リスボン, Castelo

最新ニュース


HomeTown blog offers you a selection of articles devoted to the best destinations, their news, culture, activities and of course, its people living in those destinations

ニュース

リスボンのホリデー

1 月前 - Léa D.

伝統が融合した美食 ポルトガルでは「メリークリスマス」を”Feliz Natal" (フェリッツ・ナタウ)、クリスマスイブには"Consoada"と言います。 ポルトガルのクリスマスの食事は、1001種類の料理が並ぶようなとてつもないボリュームの料理ではありません:シンプルな夕食。家族がテーブルを囲んで伝統に浸っておいしい料理を楽しむ機会です。 言い伝えでは、人気のポルトガルのタラの調理法は1年毎日のレシピとして365通りあるそうです。クリスマスの日には、できるだけシンプルな方法で料理をします:バカリャウ・コジード。ジャガイモとキャベツと一緒に煮込みます。食後には特別に場所が必要。たくさんのデザートを置いておかなければなりません。ミッドナイト・マス(クリスマスの始まり)、言い換えれば「ミサ・ド・ガロ」、雄鶏のミサです。これは大事な宗教の伝統。ミサの再来は、デザートを味わって、プレゼントを開けるという感じ。子供にとって最大の楽しみです。 デザートリストは長くて、バラエティに富んでいます:一番有名なのはもちろん「ボーロ・レイ」。王冠の形をしたケーキの王様で、砂糖漬けのドライフルーツが入っています。普通は、プレゼントが配られてから、3人の賢者が赤ちゃんのイエスを訪問した象徴の1月6日まで出されるペストリーです。ライスプディング、フレンチトースト、パン生地、ブランデー、オレンジで作られたドーナッツのフィリョースもあります。パォンデローは卵を使ってオレンジやレモンで風味をつけたお菓子ですが、これもおいしいお菓子です。 クリスマス中のクリスマスの伝統は、家族がお互いに繁栄の象徴であるクローブをつけたオレンジをあげることです。他のヨーロッパの国々とは異なり、クリスマスのかごを好むポルトガルの家庭ではクリスマツリーはあまり見かけません。 最も多様なセレクション リール、ミュンヘン、アムステルダムなど多数の街に続き、リスボンはクリスマスを楽しむヨーロッパの街のベスト10に名を連ねています。レトロ、アンティーク、家族のショッピングには贅沢なブランドや知られているブランドが全部揃っています。誰もの好みに合うように、色々なテーマのさまざまなマーケットを選択してみました。 伝統的なクリスマスマーケット(Avenida da Igreja) 12月7日~16日には、このファミリーマーケットはカラフルでお祭り気分の雰囲気の中に迎え入れます。工芸品、おいしい料理、アニメーションのほか、サンタクロースもいます。温かい雰囲気の中で素敵な思い出を見つけて楽しい時間を過ごすのにピッタリです。 クラフト & デザイン (Jardim da Estrela) リスボンで最も美しい庭園のひとつ、エストレーラ公園にあるこのマーケットには陶芸、写真撮影、イラスト、宝石、ファッションなどのクリエーターや職人が揃っています。毎月第一週目の週末に開催されます。 カンポ・ペケーノ・クリスマスマーケット (カンポ・ペケーノ駅) カンポ・ポケーノの大きなアリーナには100以上の出店者がいて、ポルトガル限定のさまざまな製品を並べています。このマーケットで購入すると、小さな事業を行っている職人や国のクリエーターのサポートの手助けをすることになり、同時にあなたも楽しめます! タイムアウト・マーケット (リベイラ市場) リスボンで必須の場所。小さなお店が30店舗並んでいて、食事もできる屋根つきのマーケット。地元の特産品を買って、飲食を楽しむことができます。アイスクリームショップ、ペストリーシェフ、カクテルバー…選択肢は尽きません。 クリスマス中に輝くリスボン リスボンのクリスマスは、照明と色が溢れる冒険。街全体が美しいイルミネーションで飾られます。特にバイシャ地区は素敵です。 イルミネーションは12月1日~18日まで開催されます。有名なトレード・スクエアでは毎年、86,000以上の赤い電球で飾られた約30メートルのツリーがあなたを迎え入れます。 ワンダーランド・リスボア は逃せないイベント。エドワード7世公園がアクティビティを備えた魔法の世界に変わります:巨大観覧車、スケートリンク、手作り販売のカウンター… 楽しさ、ショッピング、くつろぎの場所です。 リスボンの街では、教会やその他の礼拝所で無料のコンサートのほか歌やショーも多数開催されます。 12月1日~1月6日には、屋内最大の移動遊園地Diverlandia,に行きましょう。Nations Parkで開催されます。プログラムには、さまざまな年齢向けのアトラクション、息を呑むようなアトラクションに乗りましょう! 同じカテゴリーでは、リスボンスタジアムの壮大なクリスマスサーカス、Circo no Coliseuを逃さないようにしましょう。 12月1日~16日に開催されます! スタイリッシュに決めるには、子供達をすばらしいアイスミュージカルショーに連れて行きましょう。Alice o Pais Maravilhas no gelo (アリス・イン・ワンダーランド・オン・アイス)。上演は2018年11月23日~2019年1月6日です。

さらに読む
リスボンのホリデー

リスボンのホリデー

キッズ

妊娠中の山のバケーション:楽しみ方は?

2 月前 - Léa D.

Hometown Experienceがアルプスへ喜んでお迎えします スキー、そり、雪の中で転がる、フルスピードでのスラローム:幾度となくやったことでしょう。あなたはスロープのクイーン!あなたには山は何もかもオープン… でも今年はハッピーなイベントが全部ひっくり返してしまうかも知れないですね:あなたのふっくらとしたお腹は柔らかさと保護が必要。心配しないでください。妊娠中だからスキーをせずに、窓から雪が降るのを見ているだけということはありません。ありがたいことにメリベルとムジェーヴの魅力的なリゾートには、あなたとお腹の中の赤ちゃんのためにデザインされていることがたくさんあります。 まずは、メリベルとムジェーヴにある当社のすばらしいシャレーをご紹介しますね。 メリベルのプール付きの贅沢なシャレーは、 3つの峡谷の中心にあります。ジャグジー、サウナ、温水プールが備わっています:すばらしい眺めの雪に覆われた峠を楽しみながら、体形を保つことができます。ほっこり、上品、広々、快適なこの場所はご家族やお友達を迎えるのにピッタリです! ムジェーヴの贅沢なシャレーは、上のシャトーと同じようにクラクラしてしまいます:足を踏み入れたら思い浮かぶ言葉は絶対に威厳と魔法でしょう。映画室、プール、サウナにマッサージルーム。ゆっくりとくつろぐことができます:この魔法のような場所に滞在すれば、やることがたくさん待っています。どのフロアでも息を呑むようなモンブランの眺めを見渡すことができます。 我らのコンサルジュチームが、期待に添えるようにここで待機しています:責任者、プライベートのマッサージ師…望みは現実となります。experience@apartments-services.comでお問い合わせください。食料品や朝食などの配達をご希望であれば、滞在準備中に当社までお知らせください:到着前にお届けいたします。 役立つコツ 妊娠中のスキーは、健康と赤ちゃんを維持するために、尊重しなければならないことがあります。いつも通り、日焼け止めをしっかりと塗りましょう:SPF50は必要です。しっかりカバーして、よく食べて…ご存知の通りですね!山ではおいしいラクレットやフォンデュ・サヴォヤードなどを楽しめます。実際には、妊娠中にはすべてのチーズがお薦めというわけではありません。未殺菌牛乳を使ったソフトパスタに関係します:チーズが調理してあれば、心配せずに楽しむことができます。ラクレットを温めましょう! ムジェーヴとメリベルでは、毎日掃除される通りや歩道を利用して徒歩で行き来をすることが簡単で安全です。定期的に運行される無料シャトルサービスや非常にアクセスのよいケーブルカーを利用すると、もっと遠くや標高の高い所に簡単に行けます。言うまでもなく、町の中心にアクセスするためにはシャレーからは車が必要です。 過去10年で、メリベルは歩行者に25㎞以上の小道を提供しています:小道のリストは、冬季の間は毎日更新されます。メリベルの歩行者用道路を利用すると3つの峡谷のケーブルカーのほか、Saint Martin 2 chairlift、3つの峡谷の場の市内シャトルにもアクセスすることができます。 徒歩では、雪靴での登山やコーヒーブレークだけでもムジェーヴ歩行者用エスケープパッケージはとても役立ちます!幅広いエリアをカバーし、すべての歩行者がアクセスできるリフトで使用することができます。 アクティビティ 外が冷える時には、いつでものんびりするのは素敵ですよね:ムジェーヴの妊婦向けウェルネスセンターはあなたにピッタリ。タラソ・ディスカバリーケア、ハマム、リラクゼーションエリア…お好きなものを選んで、スパの柔らかいほっこりとした雰囲気で癒されましょう。 将来のママのスペシャリストとして、ムジェーヴのフェルメ・ドゥ・マリー・スパとフェール・ア・シュヴァル・スパは、海外、特にアジアからの慣習に影響を受けていて、若いママに最大にメリットがある特別なマッサージを提供します。 メリベルのリゾートには多数のスパとウェルネスエリアがありますが、以前のブログ投稿から確認することができます。メリベルのウェルビーイングとソフトネス 山を歩くことは、疲れずに風景を楽しむ素晴らしい方法。リゾートの神秘的な峰のひとつ、モンヴァロン・ドゥ・メリベルを発見しましょう。高緯度の所にある魅力的な山のレストラン、プラン・デ・マンの快適なエリアの日のあたるテラスで元気を回復できます。ゴンドラがあるのでエスケープしたい気分だったら3,000メートルの高度にあるパノラマ式のテーブルで最も高いヴァノワーズ山群を発見することができます。 雪の中を歩く一般的で便利な方法であるスノーシューイングに行くことも選択することができます!リゾートでは、ユルトでの夜や食事、ツアーなど多数のオリジナルアクティビティを提供しています… リゾートの建築や歴史遺産など、本当の身体的な努力を必要としないアクティビティを楽しむことができます。 古代の農業の街ムジェーヴは、フランスへのサボイ王家の定着まで少しずつ開発されました。1914年に最初のスキー競技会が作られ、スキーリゾート開発の開始点となりました。シャンベリ出身の登山家でジャーナリストのMathilde Maige-Lefournierが言っていました。「ムジェーヴはスキーやムジェーヴでのスキー創案のために作られたんだと思う。」と。影響を与え、村を冬のスポーツのホットスポットにしたスポットライト。素敵な教会、チャペル、museum of the upper Val d'Arly: 思い出の瞬間と独特な感情を求めて過去に旅しましょう。 グルメと女性向けの場所 休暇は楽しむためのもの!家族がスロープにいる間に楽しんではいかがでしょうか?グルメやかわいいショップ、お気に入りの2か所についてすべて教えます。 ムジェーヴ おやつの選択肢は尽きません。ベーカリーやペストリーのお店がたくさんあって、シーズン中オープンしています。お薦め: The bread and pastry Jean-François Fayolle。ベーカリーでフランス最高の職人が選定されています。パン、オリジナル、ペストリー、シャーベット、サンドイッチなど選択肢がたくさんあります。 ショッピングに関しては、リゾートにはショップが200店舗あって、誘惑されていまいます!化粧品、ファッション、おみやげ…エルメスから地元のショップまで嬉しいものを見つけること間違いなしです。ヘアドレッサーや美容師を部屋に読んでくつろぐという選択肢もありますよ メリベル 生活と会合の場、Laurent Azoulay's Bokal épicerieは食通のためのとっておきの場所。厳密に選ばれたすばらしい食材を使ったおいしい料理の芸術を求めたグルメを楽しみましょう。発見する驚きと事に溢れる場所です:ヘーゼルナッツオイル入りのパンプキンスープ、オレンジキャロット・スムージー、マンゴー…嬉しい本物の味。 メリベルには逃せないショップばかり:宝石、スポーツ、女性用の洋服…街の中心をブラブラとして、好きなショップに立ち寄るだけ:時間を気にせずにやることです…

さらに読む
妊娠中の山のバケーション:楽しみ方は?

妊娠中の山のバケーション:楽しみ方は?

ライフスタイル

メリベルのウェルネス

3 月前 - Léa D.

別名メリベル・レ・アリュースのメリベルは、アルプスに拠点を置くスキーリゾート。欧州最大の8か所のスキーリゾートがある3つの渓谷のスキーエリアの中心にあります。 すばらしい滞在のために当社のchalet Ménor が皆様をお待ちしています:渓谷を見晴らすジャグジー、サウナ、屋内温水プール:朝に泳ぐと、雪に覆われた山脈を広く見渡すことができます。 スキーの休暇は退屈になることがあります:だからこそ、メリベルでの健康的で、のんびりとしたさまざまなアクティビティのほか、自然の中心での爽やかな散歩など皆様のために選択してみました。 メリベル・オリンピックパーク メリベル・オリンピックパークの構成は?多数の役立つ楽しいスペースが一緒になっていて21,000平米あります。 レクリエーションとしては、パークにはレストラン、ボーリング場、ディスコ、お子様の託児所が2か所、ウォールクライミング、スライダーと本物の競技用プールを備えたプール、スパフィットネスエリア、出張用の800平米の会議室があります。しかしそれだけではありません!国際的に有名な、フランサ最大のスケートリンク12か所のうちの1か所もここにあります。 ラクレットと運動を組み合わせることができないなんて誰が言ったのでしょう? フィットネスエリア:フィットネス専門家が監督するこの場所ではさまざまな心血管やボディビルディングの器具が揃っています。16歳以上の方が利用でき、個人化されたフォローアップから利点を得る機会があるでしょう。 プールに関しては、さまざまなレベルに応じたスイミングレッスンを受ける機会もあります。 パーティ好きな人には、休暇中には夜8時から10時の間に、テーマのあるパーティが主催され(エレクトロ、ズンバ、禅など…)、すべてが翌朝にはスロープでの体調を整えてくれます。 通常は、落ち着いたか馴染みやすい雰囲気の中、プールまたはアイスリンクの周りで開催されます。 老若関係なく、この巨大なスペースではすべてのアクティビティと施設が休暇の夢を叶えてくれます。 住所: Méribel Olympic Park, 73550 Les Allues ヨガとリラクゼーション 一度も試したことがないならば、この健康志向を開始する時です。 ヨガは多数の身体的な利点をもたらしてくれます。筋肉の緩和のほか、身体の活性化、心の癒しなど、活力と創造力を促進します。 リラクゼーション好きな人には、毎週火曜日の午後6時から7時半まで、ヨガのレッスンを楽しみましょう。ハウス・オブ・ジェネレーションで年中開催されています。自然に開かれているレッスンは広々とした馴染みやすい部屋で行われ、親しみやすい温かな雰囲気の練習をさせてくれます。 シャレーで親密でソフトなレッスンをお好みであれば、お気軽にexperience@apartments-services.com,までご連絡ください。部屋でのプライベートヨガレッスンの予約をいたします。 連絡先情報 La maison des générations, 73550 Les Allues 電話番号: 06.03.00.45.49 リラックスエリア バケーションは…くつろぎ!雪の中の1日の後に、我が家のような雰囲気のスパでマッサージやトリートメントを堪能することほど元気を回復するものなんてあります? プライバシーが必要ですか?部屋でのマッサージサービスには、experience@apartments-services.comまでお気軽に当社のコンサルジュにお問い合わせください。 終日利用できるリラクゼーションエリアもあと2か所選択しました。  Anne Sémoninスパ この洗練されたスペースは柔らかいほっこりとした雰囲気と、皆様のお好みや必要性に応じた多数のトリートメントを提供します。 この秘密の場所にはサウナ、スチームルーム、ジャグジー、センサリーシャワー、バスルームが2か所備わっています。 サービスはサプライズがいっぱい:特にスキーヤーにピッタリの「シグネチャートリートメント」を提供しています。ホットストーンマッサージやタヒチの黒砂スクラブなどご用意しています。 お好みの本物の個別化トリートメントのほか、個人化トリートメントの開発も可能です。 営業時間:午前10時から夜9時まで。 連絡先情報 The Laitelet - Méribel - Mottaret – Center 73550 Méribel 電話番号: 0479004848 The Nuxe spa of kaïla メリベルの中心になるニュクスでは本物の感覚的な旅を提供しています。ご家族と一緒に心地よい落ち着いた時を過ごすために2か所のダブルキャビンを含む6か所のトリートメントキャビンを備えています。 大きな窓を通じて、雪の風景を楽しみがてら、温かいくつろいだ雰囲気のこの家庭的な場所でのんびりしましょう。 この場所で必須のアラカルトは、アンチエイジングケアのリゾルタイム。お子様のケアがあります! 他にはない多数の感覚的な経験を準備して、この水上エリア、フィットネス、スパが皆様を待っています。 営業時間:10時から13時、14時から20時 連絡先情報 Hotel Kaïla Route de la montée Méribel - La Chaudanne 73550 Méribel 電話番号: 04.79.41.69.34 チュエダ湖、娯楽いっぱいの散歩 この湖は海面1,730メートルにあり、発見にあふれる散歩、水の美しさ、多様な植物や動物を約束します。最初のカテゴリーとしては、澄んだ水の3ヘクタールのこの湖は、釣りができる癒しのリフレッシュする場所です。 夏には湖の周りのハイキングをお薦めします。特に植物好きの方やアルプスの植物を発見することに好奇心がある人にピッタリ。 それでも、チュエダ湖周辺や関連のアクティビティは、冬にも多数あります。ヴァノワーズ国立公園でのスノーシューやスキーツアー、湖周辺でのクロスカントリースキーなど… ほとんどのアスレチックはチャレンジです! 保持された自然を発見しながら、元々の方法である馬車などの乗馬のアクティビティも楽しむことができます。 当社のコンサルジュサービスでもメリベル周辺の犬ぞりやスノーモービルなど多数のアクティビティを提供しています。experience@apartments-services.comまでお問い合わせください。 湖にはレイク・チュエダレストランがあり、風景やテラスで日光を楽しめる理想的な場所に位置しています。新鮮な地元の食材で作られるすばらしいメニューはいつでも笑顔で提供されます。

さらに読む
メリベルのウェルネス

メリベルのウェルネス

ナイトライフ

パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

3 月前 - Léa D.

このミステリアスな場所の起源 コインランドリー、ピッツェリア、はたまた小さな裏口の後ろに隠されている禁酒法時代に影響された特別なトレンドがあるこのようなバーについて絶対に聞いたことがあるはず。実際に、米国では1920年にアルコールの製造・販売が禁じられ、複数の秘密のバーの開店へとつながりました。アルコールを購入する時に、バーデンだーがお客さんに「スピークイージー」と尋ねました。フランス語でそっと言ったので、それでこの表現が現在でもフランス語になっています。 2007年、このコンセプトはニューヨークのプリーズ・ドゥ・ノット・テルバーで繰り返されます。原則はシンプル:店に入り、小さなレストランの電話ブースから電話をしなければなりません。店はあっという間に成功して流行し始め、2011年にパリのマレ地区のカンデリアが登場しました。このパリジャンのスピークイージーは、メキシコ料理店の下の小さなドアからしか入ることができません。すばらしいナチョスを提供しますが…それだけではありません!現在、この場所はトレンドのポップミュージックをバックに、ヨーロッパ最高のカクテルの場所のひとつとして知られています。地図はオリジナルで定期的に更新されます。この場所はかっこいい。値段と質のバランスがすばらしく、確かにマレで最も避けがたい場所です。2016年にTimeout賞を受賞しています。 ここだけは、隠れたバーは、定義上は…hidden! 次回のパリ滞在の時に試してみる最高の場所はこちらです! お気に入りの場所 シンジケート 目立たない外観、壁のポスター:これは、このスピークイージーのほっこりとしたシックなインテリアとはっきりとコントラストを成しています。10区のフォブール・サン・ドニ通りにうまく隠れています。カクテルバーで、意外な材料、珍しいフレンチリキュール、そして特に特殊な使命で成り立っています:青-白-赤の精神主義を守ること。メニューは、フランスのウィスキー、洋ナシ、リンドウ、カルバドスをベースに提供されます。すべて100%のオリジナルで新たなフレーバーを作り上げるために丁寧に正確に務めました。友人と一緒でもカップルで来ても、この場所は、セントラルバーがある最初の部屋で飲むのを楽しむのにピッタリ。または、2番目の部屋があるカーテンの裏のもっとソフトな雰囲気の中でも楽しめます。 ムーンシャイナー 英語のムーンシャイナーの意味は、アルコール密輸業者。禁酒法時代に地下のバーを供給する役割だったことが分かります。このスピークイージーは、自然な成り行きで名づけられました。本当にうまく隠れているのです。11区のスデーヌ通り5では、ピッツェリア・ダ・ヴィートを見つけます。ひんやりとした部屋を抜けると、ついに30年代のバーの抑制された雰囲気の中にいることが分かるでしょう。壁にステンシルで描かれた金色の模様、バーテンダーにブルーノート。おかわりしたいカクテルのバリエーションの中で、ウィスキーは、この驚きの場所の最高の飲み物。この場所の秘密は、禁煙室の金庫:コードの組み合わせを見つけて、そこでボトルを獲得しましょう。 もちろん、お望みであれば、最初にピッツェリア・ダ・ヴィートに気軽に立ち寄って、おいしいこと間違いなしのおいしいピザ、ブッラータや、その他の手作りサラダで味蕾を満足させましょう! スピークイージー このグルメのピアノバーは、パリ滞在中に絶対に逃せない場所。2011年にパリ16区の目立たない通りにオープンしました。オーナーは画商で、20年代にさかのぼってこの場所を魔法の場所にしました。このほっこりとした雰囲気の中に入り、コニャック、リコリスリキュール、ライム、ジンジャーエールベースのシグネチャーカクテル「スピークイージー」や、マンゴージュース、オレンジ、パッションフルーツ、バナナを混ぜたアルコールフリーのカリビアンを楽しみましょう。他のメニューも選ぶには事欠くことはありません:トリュフピザ、ビーフテンダーカット、サーモンフィレ。料理は洗練されていて美味です。 裏では、世界中のアーティストがやって来て、ピアノやサクソフォンを演奏しています。ハーレムのキャバレーやブロードウェイの雰囲気を思い出させます。ここにはDJはいません。最もエキサイティングな趣とボヘミアンな雰囲気の中、ライブと本物があるだけです。 最新 ラヴォマティック 首都の新しいスピークイージーは、ラヴォマティック。10区のコインランドリーの1階に隠れています(レネ・ブーランジェ通り)。コインランドリーに入ったら、カムフラージュのボタンを探して、ラヴォマティックに行きます!ここはポップ、カラフル、オリジナルの装飾が癒してくれて、馴染みやすい雰囲気を与えています。クッションに快適に座って、メニューを見ましょう。フルーティでカラフルなサプライズをたくさん用意しています。「バジル・インスティンクト」は生のバジル、キュウリ、ライムジュース、コーディアル・エルダーフラワーベース。「デトックス・オマティック」はもっと冒険的。ビーツ、ブラックカラント、アーティチョークリキュール、ジン、レモン、グレープフルーツで作られています。その他多数の100%オリジナルカクテルがあなたを待っています。上質な素材と季節を取り入れた小皿料理をお伴にカクテルを楽しめます:ザクロのキャラメリーゼ・フィレミニョン、ジンジャーセビチェ、ジンジャーキューカンバー、カンタロープ・オーガニックファーム・ハム… 待たずに発見してこの個性的な場所を楽しみましょう! バラナーン インド料理好きの方には、このナーンバーがピッタリの場所。入り口には名前が書かれておらず、最初はインドスタイルの喫茶店に近づいている感じがします。場所の本当の中心に到着したら、ウェイターの所に行って”Where is the train?”と、尋ねましょう。その後に、すてきなお香の香りを伴って本物の旅に乗り出します。2015年にオープンしたこの魅力的な場所ではインドのカクテルだけでなく、ナーンやケバブのような特性料理も提供しています。 お店は、長さがビンテージの列車のようなデザイン。革のシートに「窓」、または風景をスクロールするスクリーンがあります。私達の本日のお薦めは、「タージマ」。ラムとパイナップルジュースと混ぜ、生のココナッツに入れて提供されます。

さらに読む
パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

パリ最高のスピークイージー(もぐり酒場)バー

グルメ

リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

5 月前 - Valérie D.

人生にはボルドー、ブルゴーニュ、コート・デュ・ローヌだけではありません!ワイン好きな人は、ポルトガルがすばらしいワイン国であることを知っています。あまり知られていないポルトガルのぶどう畑には約30の生産地があります。有名なバーやリスボンのレストランのテーブルや、地域最高の飲み物に専念するぶどう園ツアーの間に見つけることができるさまざまなワイン製造。こんな風に穏やかに地域の香りにウキウキすれば、セラーやポルトガルの首都の専門店で見つけるワインを数本持ち帰らずにリスボンを離れることはできないでしょう。乾杯! 豊富なポルトガルのぶどう畑 ポルトガルのクリュとして、私たちはポルト、ヴィーニョ・ヴェルデ、マデイラを特に知っています。ルシタニアのぶどう畑にはそれでもさまざまな赤、白、スパークリングワイン種があって、どんな料理にもどんな場合にも合います。 リスボン自体には生産地が9か所ほどあります:南部のブセラス、コラレス、カルカベロス、中心にあるアレンクエール、アルーダ、ロリーニャ、オビドス、トーレス・ヴェドラス、北部のエンコスタス・ダイレ。例えば、ブセラスの白ワインは地元のイワシのお伴にピッタリ。シントラを訪問すると、さほど遠くない所でコラレスの赤ワイン、そしてその近くで国最高の白ワインの中からエストレマドゥーラワインを味わうことができます。白ワインの街のさらに南では、モスカテル・ダラビーダが製造されます。20~30年物は、甘くて黄金色。アペリティフやデザートにピッタリ。グリルしたお肉は、すばらしい赤ワインDâoが合います。濃厚な味わいの食事には、有名なポルトでもよく知られている北部の小さな地域のアレンテージョ、バライーダ、ドウロのワインを味わいましょう。 ポルトと言えば、アペリティフの時にフランス人が味わう、またはおいしいメロンを添えたスターターとしてしか知りません。イギリス人はチーズと併せることを好み、ポルトガル人は食後の一部として飲みます。ポルトガルの美酒のもうひとつのスターはもちろん、ヴィーニョ・ヴェルデ。その新鮮な春と早期の収穫の「グリーンワイン」の名を持っているのであれば(「ヴィーニョ・マデュロ」や「熟成ワイン」と異なって)、間違いありません。スパークリングワインは、白も赤もあります。最後に、ワイン地域ポルティマオンの日光の中で花咲くアルガルヴェのワインを忘れないようにしましょう。 こちらもアルガルヴェ原産のAmarguinhaは、甘くて苦いアーモンドリキュール。ポルトガルにはヴィンテージの多様性があって、国の有名なリカーを発見する楽しみは山ほどあります。リスボンでは決まってジンジーニャまたはジンジャが実際に首都の「逃せない」もの。このチェリーアルコールをカップの底にチェリーを入れるか入れないかは、あなた次第。最後に、暑い日にはお好みの国産ビールの新鮮さで喉をいつも潤わせることができます:サグレス、スーパーボック、クリスタル、インペリアル。 ポルトガルワインの名称 ポルトガルワインは4つのカテゴリーに分けられる分類を前提としていることにご注意ください:DOC (Denominação de origem controlada)、IPR (Indicação de Provenção de Provençncia Regulada)、 VR (Vinhos Regionais。同義語は、"Vins de Pays")、そして最後にビノ・デ・メッサつまり「テーブルワイン」です。 DOCとIPRカテゴリーは欧州規制Q.W.P.S.R.(特定地域で製造される上質ワイン)に準じています。DOCの名称は、フランスのAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と同等です。この非常に高い味覚と香りの質があるワインは、国に属し、最高基準を満たしています(ぶどう品種、土の特性、アルコール含有量など)。DOCカテゴリーは、ポルト、Barraida、ピコ、その他有名なボトルの中からマデイラで見つかる中から毎年新しく選ばれるものを含めます。IPRに分類されるワイン(「管理された産地のしるし」と訳すことができます)はDOC名称を待って、この名を手に入れるために5年間観察されます。つまり、このIPRとはポルトガルワインの「新しいスター」の候補をキャストしています。「Vinhos Regionais」は上質で、決定された産地の条件を満たしていますが、DOC名称に課されているすべての規則を満たしていないものです。アルガルヴェ、アレンテージョ、エストレマドゥーラがそれにあたります。ポルトガルのテーブルワインにはすばらしい驚きがあるものもありますが、管理された名称の下においては、ほとんどは隣接の地の品質とは関わりがありません。 リスボンでワインを楽しむにすばらしい場所 では、ポルトガルワインの伝統についてすべて分かったところで、残るはこれらのおいしいワインをリスボンで楽しめるすばらしい場所を見つけるだけ。首都では、ワイン学を専門とした場所は事欠くことはなく、おいしいワインが好きな人には、幅広い選択肢があるすばらしいワインのウェイターがいるビストラやレストラン、訪問すべきすばらしいセラーがあります。ワイン愛好家のためにリスボンで発見する場所を4か所選択してみました。 例えば、オールド・ファーマシーはバイロ・アルト地区にある絶対行くべきワインバー。気配りの行き届いたサービスは旧薬局の装飾で多数の顧客を出迎え、最高の「セラピー」アドバイスを与えてくれます… まさに街の中心部にあるソムリエ・リスボンレストランは、名前の通りグルメ料理の選択があり、最高のワインと料理を併せていただくのにピッタリ。ワインリストには80以上の選択肢があります! しかし、国中のワインを味わうことに完全に没頭している瞬間に熱中するための「マスト」は、コメルシオ広場に構えるポルトガルワイン委員会のアーチ状の部屋。選択するパッケージ料金では、さまざまなグラスワインを味わって、あらゆる種類のポルトガルのテロワールやヴィンテージを発見することができます。こちらではフレンドリーな場所で乾杯したり「ドリンクを飲む」だけでなく、探求します。ワインイベントやテーマのテイスティングも多数のアクティビティで提供されます。 それでは行きましょう。塗装された路地の曲がり角で典型的なジンジーニャのカウンターにもたれかかって楽しくやりましょう。リスボンにはこういう場所がたくさんあって、特に歩道にさくらんぼの種が落ちたロシオの近くでは簡単に見つかります。歴史的な場所はジンジーニャ・エスピンヘイラにあり、良心的な値段で1.10ユーロ。ボスがリスボンでとても愛されているおいしいチェリーリキュールを持って来てくれます(それ以外な何も。このためだけにそこに行きます!)。 オールド・ファーマシー: 83, R. do Diario de Notícias 73 – Lisbon 営業時間: 毎日17:30~0:00 ソムリエ・リスボン: Rua do Telhal, 57 – Lisbon 営業時間: 毎日18:30~0:45 ポルトガルワイン委員会 : Terreiro do Paco, Ala Poente – Lisbon 営業時間:11:00~18:30 ジンジーニャ・エスピンヘイラ: Largo de São Domingos, 8 – Lisbon 営業時間:毎日9:00~22:00 ポルトガルワイン文化を発見…そして家に香りを持って帰る ポルトガルワインのエキスパートになったところで、お好みのワインを味わい、今は自分のお気に入りがあるはず。少なくともすばらしいワインを1本持って帰らずして家に帰ることはできません。地域のワインルートで本物のツアーの思い出作りにぜひ! 必要なことは、大聖堂近くでトラム28番を降りるだけ。新しいショップセラーGNの後ろに有名なガラフェイラ・ナシオナルを見つけることができます。このワインショップでは最高のDOCからテーブルワイン、最もグリーンなヴィーニョから最古のヴィンテージに至るまで、ポルトガルワインが勢ぞろいしています。 地域のワイン学の探索をさらにするためには、ワイン街道の1日を試してみてはいかがでしょう。多数のツアーがあります。例えばお抱え運転手が迎えに来て、終日、地域の最もすばらしいセラーでテイスティングをしながら、最も名声あるぶどう畑を訪問し、魅力的な村でお買い物をさせてくれます。地元ワインの特性をすっかり満喫できるまったく感覚的な経験…ほどほどに飲んで楽しみましょう! GN セラー -  Rua da Conceição, 20/26 - Lisbonne 営業時間: 毎日10:00~21:00

さらに読む
リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法

リスボンでおいしいポルトガルワインを味わえる場所と方法